記事一覧

Schismatoglottis sp.“初霜錦” Murung raya

どうも栽培マンです。昨年葉挿ししたスキスマトグロッティスの初霜錦が増殖してきました。前回の記事↓http://saibaiman1.jp/blog-entry-141.htmlSchismatoglottis sp.“初霜錦” Murung raya【LA0515-05 】 環境が合って無いのか、葉挿ししてから11ヶ月経ってまだこの大きさw数が取れそうなのがせめてもの救いです。親株になっても小型の種類なので、ガンガン肥料を与えて太らせたいと思います。...

続きを読む

ハオルチア  オブツーサ系錦

どうも栽培マンです。オランダのSTCで購入したオブツーサ系の斑入りが到着しました。特徴のあるオブツーサを作りたくて、現在オブツーサコレクション強化中です♪H. obtusa Giant Form VARIEGATE.大粒のオブツーサで、窓の透明度が高く鋸歯も目立ってカッコいい!このサイズだと来年の花芽は厳しいかな?H. ollasonii VARIEGATEオラソニーはオブツーサ×レツーサかオブツーサ×コンプトと言われてますので純粋なオブツーサでは無いの...

続きを読む

ハオルチアの組織培養スタート

どうも栽培マンです。ヴィトロプランツさんからクリーンベンチやオートクレーブが無くても簡単に無菌培養が出来るキットを購入したので試してみました。手順は簡単で、大きく分けると3工程です。①培養したい植物体を用意し、殺菌処理。②培地を作成。③培地が固まったら培地を軽く殺菌し、置床。最後にカビや菌が侵入しない用にシーラーで密閉したら完成です。箇条書きするとあっとゆーまに出来た様に見えますが、植物体の無菌化に2...

続きを読む

オブツーサ錦の実生に向けて!

どうも栽培マンです。今更ですが、実生やるならやっぱり綺麗で特徴のあるオブツーサ系の錦も作ってみたいなと思いまして!オブツーサ系の実生は、ありとあらゆる人がやってますし、特徴出すのが難しそうなので手を出して無かったのですが、来春はオブツーサ同士で色々試したいと思います!現状、母木に使えそうな個体は数本。しかも花芽が上がらないサイズのものもあります。マリン宝草錦×紫オブツーサの交配で、オブツーサ錦の中...

続きを読む

ハオルチア  東紫と京紫

どうも栽培マンです。ハオルチアの東紫と京紫はアメリカで作出された毛蟹の交配種で兄弟苗なのですが、縁あって2種とも手元に揃ったので比べて見ました。左・ハオルチア  東紫             右・ハオルチア  京紫まず、大きな違いは葉の形です。東紫の方がぷっくり丸みを帯びていて、京紫の方が鋭利な葉をしています。窓の透明感は東紫の方が高い気もしますが、お互いもう少し大きくならな...

続きを読む

ハオルチア  浮舟錦の胴切り

どうも栽培マンです。某屋上で浮舟というハオルチアを見つけたのですが、外葉に微妙ですが斑が入っているのが確認できたので、胴切りの練習用に購入してきました。浮舟錦お店側も流石にこの苗に錦を付けて売るのは気が引けたのか、名前には錦を付けずお安く販売していました。良心的です♪アップで見るとこの辺に斑が入っているのが分かると思います!成長点付近は一切斑が確認できないので、ほっておくとそのうち完全に斑が確認で...

続きを読む

ハオルチアの葉挿しのポイント

どうも栽培マンです。ハオルチアの葉挿しのポイントについて教えて頂いたので、簡単にまとめたいと思います。葉を外す時のポイント1、外す時期は9月頃がベスト!・時期が良く成功率が高い。2、外した葉はダコニールや次亜塩素酸で消毒した後1ヶ月程度乾かす。・しっかり消毒、乾燥させないと腐りやすくなる。乾かす時のポイント1、傷口を下に向けた状態で保管。・植物ホルモンのオーキシンは上から下に流れるので、傷口部分を下に...

続きを読む

SBM17-4(Yモザイクピクタ交配)

どうも栽培マンです。成長も遅く、今のところ出来も微妙な2017年のピクタ実生苗ですが、一応番号を振ったので載せておきたいと思います。ピクタSBM17-41株だけ目立って成長が早い個体!こういう苗を飛び苗と呼ぶらしいです。雄親はY氏のモザイクピクタなのでかなり良いものを使ったのですが、もう片方がかなりしょぼいピクタで、この苗の模様はそっち寄りっぽいです(^_^;)ただ黒肌は結構好みです♪ピクタSBM17-4他の小苗達!いくつ...

続きを読む

久々にハオルチアの胴切り

どうも栽培マンです。そろそろ涼しくなりそうなので、形が崩れてきた苗を胴切りしました。胴切りの仕方はこちら↓http://saibaiman1.jp/blog-entry-83.htmlエメラルドLED今年は沢山交配にも使ったエメラルドLED!この鮮やかな発色がたまりません!形が崩れてきたので作り直しも兼ねて飛ばしました。胴切り久々でしたが、葉っぱ1枚も無駄にせず出来たので満足です♪仙女香シンビフォルミスの斑入りです。この苗も置場が悪かったのか、...

続きを読む

ハオルチア  2018年秋実生

どうも栽培マンです。もうすぐ秋ですので、重い腰を上げて春に収穫した残りのハオルチアの種を蒔きました。とりあえず1交配1鉢で、30鉢分だけ蒔きました。残りも結構あるので何日かに分けて9月までには蒔き切る予定です!今回の改善点は用土で、前回はバーミュキライト単用でしたが、タキイの種蒔き土に変更してみる事にしました。タキイの種蒔き土は窒素、リン酸、カリウムが最初から入っているので成長スピードは期待出来そうで...

続きを読む

ハオルチアの軟腐病の対策

どうも栽培マンです。前回JSSの例会でハオルチアの軟腐病について、とても為になる話を聞いたのでシェアしたいと思います。まず、ハオルチアを育てていて葉が溶ける病気には腐敗病と軟腐病と2種類あるそうです。【腐敗病】・原因菌→シュードモナス フルオレッセンス・好発時期→春~梅雨時期(夜温25度以下)・症状→溶ける葉は1枚~3枚、臭いは全くしない。【軟腐病】・原因菌→エルウィニア カロトボラ・好発時期→真夏~秋の始め(特...

続きを読む

FC2ブログランキング

軽量 ページネーション

プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:tama0729katsu

検索フォーム

カウンター