記事一覧

ハオルチアの葉挿しのポイント

どうも栽培マンです。ハオルチアの葉挿しのポイントについて教えて頂いたので、簡単にまとめたいと思います。葉を外す時のポイント1、外す時期は9月頃がベスト!・時期が良く成功率が高い。2、外した葉はダコニールや次亜塩素酸で消毒した後1ヶ月程度乾かす。・しっかり消毒、乾燥させないと腐りやすくなる。乾かす時のポイント1、傷口を下に向けた状態で保管。・植物ホルモンのオーキシンは上から下に流れるので、傷口部分を下に...

続きを読む

ハオルチアの軟腐病の対策

どうも栽培マンです。前回JSSの例会でハオルチアの軟腐病について、とても為になる話を聞いたのでシェアしたいと思います。まず、ハオルチアを育てていて葉が溶ける病気には腐敗病と軟腐病と2種類あるそうです。【腐敗病】・原因菌→シュードモナス フルオレッセンス・好発時期→春~梅雨時期(夜温25度以下)・症状→溶ける葉は1枚~3枚、臭いは全くしない。【軟腐病】・原因菌→エルウィニア カロトボラ・好発時期→真夏~秋の始め(特...

続きを読む

学名表記のルールと略称の意味

どうも栽培マンです。原種の植物を購入したり、海外から植物を輸入した際などに学名で表記されている事がありますが、基礎知識がないと何が書いてあるか理解できないので、簡単に学名表記のルールや略称の意味をまとめてみました。《学名とは》動植物につけられる世界共通の名称で、属名と種小名の二つの名前を組み合わせて表されます(二名法)。例えば人間の学名は世界共通でHomo sapiens(ホモ・サピエンス)で、Homoが属名でsapien...

続きを読む

ハオルチアの胴切り!

どうも栽培マンです。胴切りの手順を簡単に載せたいと思います。まず、基本的に植物は作った栄養を最優先で成長点に運び、どんどん上に成長していきます。(頂部優位性)胴切りとは、株を上下に切り分ける事であえて成長点を潰し、栄養を頂部では無く脇に持って行く事で、新しく切断面や脇から大量に仔を吹かせる方法です。単純に増殖や、斑が消えてしまった個体や逆に斑が廻り過ぎた個体を作り直すのにも有効な手法です。ハオルチア...

続きを読む

FC2ブログランキング

軽量 ページネーション

プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
熱帯植物、多肉植物などを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。

Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:tama0729katsu

検索フォーム

カウンター