記事一覧

2020年実生ハオルチア  

どうも栽培マンです。2020年の実生苗も少しづつ表現が出てきて面白くなってきました♪こんなサイズで見せられても殆どの人は「何処が?」って感じでしょうが、自最近見る度にニヤニヤしちゃってます。①、④、⑤は片親みんな同じで裏般若系のヤバイやつなんですが、特に⑤は期待していて、裏般若系強めで気泡窓も入りそうな感じ♪②はピグマエアミュータントとルテロザの交配ですがどちらの要素も少しづつ見えています。お爺さんのべノー...

続きを読む

NOHARA garden market vol.2に出店させて頂きます。

どうも栽培マンです。NOHARA garden market vol.2に出店させて頂く事になりました♪【日時場所】NOHARA garden market vol.211/8(日)9:00~15:00野原種苗(株)ノハラ園芸センター埼玉県久喜市野久喜1-1☎︎048-0210-002駐車場あり🚗久喜駅より徒歩20分まだまだコロナ禍ですので、できるだけ密にならない様に感染防止につとめて参ります!でも、ハオルチアは実生苗や増殖苗を密になる様いっぱい持って行きたいと思います👍お時間の許す...

続きを読む

ハオルチアの葉挿し。10のポイント!

どうも栽培マンです。葉挿しとは簡単に同じ形質、性質の個体を増産できる栄養繁殖の1つです。ハオルチアの葉挿しはとても容易なのですが、少しでも成功率が上がる様に、ポイントをまとめてみました。1、葉を外す時に出来るだけ切口を綺麗に外す。当たり前の様でこれが1番重要です。↑の様なカキ仔カッターを使い、葉の付根の端に切込みを入れてから、手で押す様にもぎ取ると上手く外す事が出来ます♪↑左の写真の様に茎側の肉片が剥...

続きを読む

Aloe humilis (アロエ フミリス)

どうも栽培マンです。アロエ フミリスの原種と優良交配種で見た目の違いを比べてみました。Aloe humilis ‘怒帝王錦’細長い葉に、無数の肉牙が特徴的で、ハオルチアっぽかったので、初めて購入したアロエです。「帝王錦」って品種もあるのですが、これは怒がついて「怒帝王」なので勝手に上位互換かなと思ってるのですがどうなんでしょう?Aloe humilis IB15030 (Rubbish Dump,Hankey)以前、Edenさんで購入した原種のフミリスで、怒...

続きを読む

Aloe pratensis cv.ALIEN(アロエ プラテンシス エイリアン)

どうも栽培マンです。久々にアロエ~♪Aloe pratensis cv.ALIENプラテンシスの選抜個体で、何が「エイリアン」なのかは分かりませんが、葉裏も表もびっしり生えた肉牙がカッコいいです!サイズもそこまで大きくならないので小型品種好きとしては有り難いのですが、色合いがシンプル過ぎて面白味に欠けるので赤や黒肌のアロエと交配させる予定です♪◆PR◆↓こちらをクリックすると、販売ページに飛びます↓BOTANY CRAFTヤフオク店→ハオル...

続きを読む

ハオルチアの室内栽培のポイント(湿度編)

どうも栽培マンです。室内でハオルチアを育てる時の湿度管理のポイントについて書きたいと思います。結論から言うと湿度は夜間に80%~90%位にもっていくのがベストだということです。完全に人が生活するには不快な数値ですよねw理由としては、ハオルチアはCAM植物(ベンケイソウ型有機酸代謝植物)という、砂漠を生き抜く為に進化した光合成を行う植物で、通常の植物が日中に気孔を開き光合成を行うのに対し、CAM植物であるハオルチ...

続きを読む

原種ハオルチア「マライシー」

どうも栽培マンです。ハオルチアの中でも小型でマニアックな部類のマライシーですが、実は結構カッコいい個体が多いんです♪H.maraisii GM635 G.Marx seedマルクス氏の実生苗で、うちにあるマライシーの中では抜群にカッコ良くってサイズが大きめの個体!この独特の葉形もカッコいいのですが、個人的には葉の付根から窓までの間にある水玉の模様が萌ポイントです。採取コード付きの原種マライシーも、海外ECのEdenさんなどで見つけ...

続きを読む

ハオルチアの花仔

どうも栽培マンです。ハオルチアを育ててると、稀に花芽が上がったと思ったら、蕾をつけずに仔苗が出来る事があるのですが、それを「花仔」と呼びます。こんな感じ↓瑠璃殿錦hyb.今回は親苗を抜けて高い位置に付いているので純粋に嬉しいのですが、余り伸びずに葉の隙間で仔が育ってしまうと親苗の草姿を崩してしまうので結構厄介なんです。〈アップ画像〉花仔に斑が入っていなければ栄養の無駄なので切ってしまおうと思ったのです...

続きを読む

ハオルチア オブツーサ錦

どうも栽培マンです。オブツーサ錦と言えば優良個体だと、ハオルチアバブル時には数万後半~数十万以上で取引されており、とても気軽に手にできる代物では無かったのですが、最近はなんとか手が出せる価格に落ち着いてきたように思います。ブラックオブツーサ錦黄斑タイプの斑回りの良い個体で、葉先がシュッと尖ってるのが特徴的です。この苗は室内で育てているので全然ブラック感は出ておりませんが、日光で育てるともう少し黒肌...

続きを読む

原種ハオルチア (黒肌草系)

どうも栽培マンです。草系で黒肌の原種ハオルチアを集めてみました。Haworthia regens n.n. GM619(IB17927)外葉が黒く染まるタイプの個体で、大型の鋸歯がめちゃくちゃカッコいい♪これ系はハオルチア始めた頃、全然良さが分からなかったのですが、最近は大好物で、交配親としても可能性しか感じないっす!Haworthia venteri JDV97-124(lB18152)(regens)に似ているけど鋸歯が細く小さい。個人的には(regens)の方がだいぶ好き!Hawor...

続きを読む

ガステリア 臥牛の実生

どうも栽培マンです。臥牛錦の種が取りたくて交配してみました!ガステリアを交配するのは初めてでしたが、ハオルチアと同じ要領で結実しました。雌蕊が長く、いちいち花弁を外さなくても花粉を付けれる分、ハオルチアより作業は楽だったかな♪伊達臥牛錦×(酒井特選×超幅広パール)ハオルチアと同じで斑入りを作りたい時は♀親に斑入りを使った方が良いと思われるので、上の交配式でやってみましたがどうなんでしょう?手持ちの個体...

続きを読む

FC2ブログランキング

軽量 ページネーション

プロフィール

Author:saibaiman
栽培マンと申します。
ハオルチアを中心に育成しております。増殖したものはヤフオクで販売したり、連絡頂ければ直接販売したりしております。もちろんトレードも大歓迎です。宜しくお願いします。
Instagram ID:saibaiman1
Twitter:栽培マン
yahooオークションID:veuov42573

検索フォーム

カウンター